真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

碇シンジ病



 「友達なんていらない!もうお別れするのは散々なんだっ!!」









 
 シンジがあのホモ野郎に吹っかけたセリフって
確かこんなだったよな?w


昨日、自由への招待を受けた俺は
早速『rock』の家で
まだ未読だったエヴァの新刊2冊を読みました。
なんだかもうぶっちゃけ内容忘れてましたw

あらすじだけサッと追ったのですが、
そしたらトウジとのお別れシーンの悲しさが
半減して糞になりました。。




 とりあえず、その後に久しぶりに高校の
プチ同窓会に(する気はなかったのだが、、
に行ってきた。

ま、しくじったのはホントにマイノリティ。
若干、昨年のスタートラインをしくじった奴と
俺ぐらいしか失敗はいなかった。

『finger』の成功を確認して安心しました。

精神も肉体も予想以上にケチョンケチョンにしてくれた
去年1年間で『finger』とはお互いホントに頑張ってきた。
胃に穴が開きそうになろうが、
精神が崩壊しようが。。


もう俺らは後がなかったんだ。
若干、プライド高めながらも浪人しただけに
ヘタにタメの先輩も作れなかったから。
国家試験狙いに
お互い文理の看板狙いに行くという点では
俺ら似てたんだよな…。


一緒に最も綺麗な桜を見ることだけを
願い、よく一緒に帰路についたものだった。


俺はもう話にならなかったわけだが、
『finger』が受かってホントよかった!

一時は結構危険な香りがして
志望フラグが見えたものだったが、
これでもう安心。



 『rock』『finger』にあって俺になかったもの…。
まるで浅川が高山竜二から呪いのビデオの方法を探し当てた
「リング」のラストシーンのように、
違いを探ってみた。

そして導き出したのはやはりスタートライン。
俺は元々浪人する気なんて更々なかった。

そこが今に響いたのかもしれない。


昨年、受験が惜しいという状況の無意味さを
俺は学んだわけだが、
今回の補欠を無駄だとは思ってない。

来年に生かそうと思うし、それはきっと
院入試にも繋がるものだと思うからだ。



…とりあえず、少し悲観的な面とは違った
プラス面で自分と向き合う方法を
プチ同窓会で見ぃだした。

浪人時代、自分を騙して、(最終的に嘘から真な感情が生まれたが
今の自分もこうして騙し、
これから1年、また自分を騙す…



なんだか俺は虚の世界にいるみたいだよ。





そんな虚の世界で
自分の周りを俯瞰して見る。

するとシンジの冒頭の言葉がスッと浮かんだわけだ。

以前にもその定義の疑問について述べたことがあったかもしれない。
正直よくわからない。

いや、普通に俺は幸せな方だとは思うんだけど、
中学の頃を思い返して、
高校の頃も思い返して、

近ければ近かった奴ほど、
今、遠くに感じてしまうんだ。

実際、そんなものなのかもしれない。


うまく話せる自身もない。


浪人するとコミュニケーション能力は低下するのか…?




とりあえず、明日は髪を切って、
本を読み漁ろう。

そうやって、自分を誤魔化すのです。






俺はシンジのようには強くないから
何かで自分を騙し続けないとやっていけない
のです。
[PR]
by itsrainingouthere | 2008-03-07 00:23