真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夢の

通勤時に大勢の高校生に遭遇すると安心する。

自宅の裏に都立高校があり、いつもは遅刻ギリギリの高校生しかいない。
だから大量の高校生を逆行するように駅に向かうことは、時間的余裕持って通勤するということになる。

大体こういった日というものは早く目覚めることができた朝であることが多い。
そして大体朝早く起きれる日というのは前日に布団に入るのが早いことも多い。

そんなこんなで昨日は早く寝たわけだ。
良く眠れて寝起きが良かったせいか、
もしくは眠れた時間が長かったせいか、
今朝はなんとなくみていた夢を覚えていた。

ハッキリとした記憶ではなかったが、なんとなく学生時代の知り合いが出てきたような夢で、様々な年代の知り合いが入り混じって出てきているような感じだった気がする。

確実だったのは大学受験をやり直したいような気分になっていたこと。
何が理由でかは良くわからないが、起きた瞬間はハッキリそう感じた気持ちが残っていた。

起きたのはいつもより少し早い時間、スッと体が起き上がった。
で、顔を洗ったり、歯を磨いたりしているうちに夢で感じた気持ちなどどうでもよくなってしまった。

よく夢はその人の願望だとか言うけど、もしそれが本当だとしたら、高校くらいに戻りたいという気が心の奥底にでもあるのだろうか。
それとも全力で物事に向き合えなかった未練からか。
何も思い悩むことなく、将来の可能性に希望を残しつつも楽しくやっていられたあの頃への思い出補正というやつだろうか。

夢の起因はよくわからないが、その夢が現実世界に馴染んでくるにつれてサーっとフェードアウトしてしまったことの方が怖い。
このブログに書くことでやっと夢の断片を繋ぎとめておくことができているが、その時感じたことは、今もどんどん薄れていく一方。
まぁ薄れていってくれないと仕事にも向き合えないわけだが。。

昔はこうした些細な感情についても、自分がどうすべきかの示唆として思い悩んだり、なんでも打ち明けられる友人に話してみたり、
ちゃんと感じたことは読み込んで、何らかのカタチで吸収していっていたように思う。


ところが、自分の感情に対する固執や疑いが以前と比べて非常に適当になってきている。

今の自分とは直接関係ないからどうでもよいかと、
そもそも今の自分の感情・考えと結びつきそうにないからどーでもよいかと、
歳を重ねたせいか、自分に対して不感症になっているような気がした。

そういえば以前はよく中学や高校の友人に助けを求めるべく、漠然とした自分の想いを語り、相手の意見を聞いて参考にするようなことも多かったが、今はそれもほとんどない。
境遇の近いものが減り、曖昧さの強い感情を共感してもらいづらくなったからか、そのこと自体が億劫になったのか、そもそもそういった友人がいなくなってしまったのか、
俺にはよくわからない。
こうした機会の損失も不感症の理由の1つだろう。


本当に自分の思うように生きていくには、自分と向き合い、本質を見つめて生きていく必要があると思うが、そのためには自分のメンテナンスが必要だと思う。

ただ、そもそもそのメンテナンスのやり方を模索することすら一苦労である。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-28 09:03 | ◆プロフィール◆
今日も眠かった。
やっぱ思考をクリアーに、頭フル回転で働くには6時間は睡眠が必要みたい。


そんなこともあって今日は一段と疲れた。



遅くまで動いて、帰れば22時を回ったくらい。
そんな時なんとなく思うのは
結局人はどこまで行っても孤独なんじゃないか
ってこと。

どんなに頑張っても、嬉しいことも、悲しいことも、腹ただしいことも、辛いことも、
言葉で伝える機会なんてそもそも少ないし、伝える機会に恵まれてもどこまで理解できるのか。
結論としては殆ど理解なんかできてないのに
理解した気になってるようなもんなんじゃないかって気がしてくる。


大体よく考えてみたら
自分だって自分の気持ちを整理できてない。

そんな中で自分の感じている想いなんてどれだけ他者に伝わるのだろうか。


そんな循環の末、孤独を感じると
拠り所になるものは自分の中にしかないのかもしれないという考えに行き着く。
そして自分は何のために動いてるのか問いはじめ、
最後には目的を見失う。


だから人は余計なコトが視界に入ってこないように、真っ直ぐ突き進むことができるゴールを設定する。
それを見逃すと、先程の循環から抜け出せなくなる。

人生って四面楚歌。
あんまり真剣に向き合っちゃいけないのかもしれない。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-21 21:53 | ◆プロフィール◆

春眠暁を覚えず

だんだんと暖かくなってくるにつれて、
ブログの更新も適当になってきた。

春のせいにするわけじゃないけど、なんか最近気が引き締まらない。


特に顕著なのは眠気。

朝、起きる瞬間つらいというのは誰もが経験あると思う。俺も例にもれずつらい。
ただ、冬に比べると起きる瞬間はスッと現実に戻ってこれる感じがある。

なのに、そこからの本起動までが時間かかる。

すぐ付くけどなかなかいじれない年期の入ったPCみたいである。


昼、昼食後のデスクワークがつらい。13時半〜14時半がデッドポイントで眠気が襲ってくるのは今まで通り。ただ、最近の深みはかなり強烈。
アツアツのコーヒーを飲もうが、
会社の外を一周してこようが、
他の人と雑談しようが、
席に戻ると深みにすぐ引き込まれる。


そして夜、全ての原因はココにある。

寝る時間がバラバラなのだ。例えば今週は帰りが9時頃〜1時過ぎまでバラバラだった。そうなると一昨日は帰りが遅くてテレビ見て息抜きしてたから3時に寝たのに、昨日は11時過ぎには気づいたら寝てしまっていた。
すると起きる時間も5時半〜8時までまちまち。
意外にも就寝時間と起床時間に明確な相関関係は見当たらない。

以前からこのスタイルだったが、歳を重ね、
疲れが蓄積しやすく、また解消しづらくなってきているとしたら
全ての根源はココにあるはず。
今も心掛けてはいるが残業するしないは日別にメリハリをつける方が良さそうだ。


と色々考えてはみたものの、なんだか春になって流れてきたノンビリした空気が全て仕組んだことのような気がするのは気のせい?
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-18 09:09 | ◆プロフィール◆

初夏

早くも20度とか超えちゃってるみたいで暑い。

春と秋はなくなってしまうんだろうか…
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-17 00:09 | ◆プロフィール◆

先輩

上に可愛がられるのが上手い人と下を可愛がるのが上手い人、2種類いると言われてますが、
僕は絶対後者です。


いや、ホントは下からもどう思われてるかわからないので、
上でないことは確実とまでしか言えないかもしれません。

今まであまり先輩といのがいなかったのが多分原因。

中学時代はバスケ部だったけど、上とはそこまで絡みなく、
高校は帰宅部、
大学はサークルは途中で辞めたに等しかったし、社会教育のゼミの先輩はゆるゆる、行政法ゼミの先輩は皆幽霊化してたから、
ちゃんとした上ってのは
社会人が初めて。


そんな中でやっぱりうまくやってけないんですねー。
どうもうまい切替しや空気感が醸し出せない。
それでも付き合いが長引けばうまく可愛がってくれる人も出てくるんだけど、
エラソーに口だけだしておいて自分は何もできてない人はホント苦手。

下ならまだ未熟とか、上が人生経験も賃金も上だから、って理由で色々目をつむれるけど、
それができない上には相当自分を誤魔化して接している。
まさに今の上長がそんなだから苦労してるわけだけども。
勿論そこそこの実績を残すことができても、こういった状況だもんで下期の評価は悪かった。

ただ、腐らずに堪えていると味方も現れてくるということにも気づいた。

仕事をやっていく上で、外部でなく内部の対応に気を遣うだなんて、ホント愚の骨頂だけど、
そんな中でも腐らずにやりやすい環境を自らつくりあげていく気概がないと、
自らが食っていけなくなるんだろうな。

なんか良くも悪くもサバイバルみたいな環境に身をおいてしまってるようです…
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-16 00:25 | ◆プロフィール◆

休日の無駄遣い

休日。

よく周りに何して過ごしてる?
って聞いたりするんだけど、大体多い返答は、

土曜に友達と出かけたり、飲み行ったり、外出てガッツリ遊び、
日曜は家でマターリ

って感じ。
基本的には俺もその意見に同意だったんだけど、
最近は数時間の昼寝だとか、ダラダラ2ch見てるだけみたいな糞な時間が増えた。

もっと平日にはできないことをしたいと考えると、
家で特にやりたいことがなければ、マッタリするのは日曜の夕方以降だけで十分な気がする。

逆に考えれば平日早めに帰ってこれる日を捻出し、その日は8時間以上睡眠をとれとかって選択肢もある。
そう考えると平日にできないことってなんだろか。

まず遠出は物理的に不可能。
定時にあがれても銀座を出れるのは6時半。
事実上早く上がれても7時半〜20時を回ることばかり。
目的地での滞在時間と往復時間を考えても、
23区隣接行政区が限界といったところか。


次に固定的な予定にも非常に弱い。
よく2人で飲みにいく場合や相方の記念日、ライブの予定なんかは決まった集合時間がある。
だが、どうもこの仕事は客ありきの仕事である以上そこの調整が非常にやりずらい。
もちろん、手段と礼儀を選ばなければいくらでも、調整はできる。

しかし、今だ若手で仕事の成果物として仕事を貰っている立場、
すなわち仕事を選ばず何でもやらなきゃいけないスタッフ部門の俺には、自分のスケジュールありきで動くことなど事実上は許されていないも同然ということ。
周りがベテランばかりの部の中で生きていくためにはそういった部分で自分の存在意義をだしていくしかないわけだ。


そう考えると休日は遠出やら予定時間の予め決まったイベントなど、
ガッツリ遊んだ方が有意義になるのではないか。
ひょっとしたら終電などを意識するのであれば飲みだって平日で十分かもしれない。

案外休日を無駄遣いしないためには、平日の退勤後の使い方が重要なのかもしれない。


なんて言いながらも来週もダラダラした休日を過ごしてしまうんだろうな…(笑)
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-14 10:17 | ◆プロフィール◆

健康診断

昨日の答えなんですけどね、、

健康診断が今日あったんですよ!


もちろん昨晩夕食とりづらかったのはバリウム検査まで含んだものだったから.
夕食食えないとか地獄かよって思って普通にソース焼きそば食ったわけだけども(笑)


なんでこんな過敏に反応するかってと去年の春の検診(ってもうけたのは夏過ぎ)で腎臓と肝臓がE反応だったため。
強制再検査では30代後半と言われました(笑

数年前までは痩せすぎのレッテルを貼られるくらいだったのにこの変貌ぶりったら…

就活始めた4年前から15kmは確実に増加してますね、、

そんな気もあって食事には控えめなスタイルだったんだけど、
結果から言うと3kg増…
これはハングリー精神とか言ってられんわなー(笑)

なんて言いながらも今日も営業の上司に飲みに誘われ、なんの躊躇もなく着いて行ってしまう俺なんだけど…。


この休日は我慢を覚えた方が良い期間なのかな。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-12 01:07 | ◆プロフィール◆

ハングリー精神

今仕事終わった。久々の23時過ぎのあがり。

色々重い仕事やら、苦手な人との仕事やら任されるんだけど、
何とかやってる。


きっとこれはハングリー精神のせい。
大学浪人中に同期から出遅れた悔しさで、大学時代はその時にしかやれないことを探しては、興味あることには貪欲に首ツッこんできたつもり。
結構その辺りは過去ログにもあるはずなので、良かったら遡ってみて下さい。


そんな大学時代のハングリー精神が染み付いて今でもやたらクビをつっこんでる。
キャパオーバーとか所詮2年目だから人件費のムダとかディスられるようになってからは控えめだけど、根底にある色々知りたい&やってみたい欲は相変わらず。
そう考えると、昨年あんなに嫌がった企画への異動も良かったのかもしれない。
タッチできる案件が多い分扱う業種や出会う人々は幅広くなった。
また、リサーチもプランニングも、顧客課題の本質を浮き彫りにすることが大前提にあるので、その都度顧客やその業界・利用者の深堀が必須となる。
おまけに最先端を行く案件が多かったり、HP作成に展示会出展のプロデュース、グループ会社との新商品開発など
とてつもなく面倒臭いし、大変たが、よくよく考えれば贅沢すぎるコースだよな。

そーいや昔からよく
めんどくせー
って言いながらも、
めんどくせーこと大好きだった節はあったかもしれない。


会社規模が小さく、教育がちゃんとなされてない社員も少なくないので、本当に余計な苦労は堪えない。
しかし、こんな環境にいられるのだから腐ってチャンスを潰してはもったえない。

給与は決して高くないが、就活時代にぎりぎりまで広告業界に粘ったかいはあったのかもしれない。

これもハングリー精神をモットーに動き続けたせいかなのだろうか。

チャンスは自分で掴むものというのもあながち間違いではないのかもしれない。

一時期かなりしんどい時期もあったが、
・何をするにも下準備と根回しをし過ぎるくらい行う
・何事に取り組むにも、本質を見極め、ゴールから逆算して取り組む

この2点を意識して動くだけで大分展望が開けてくる。(意識してるだけで、完璧にできてるわけではない)


今は新しくできるようになることばかりなのでモチベーションが保たれてるというのもあって、歳を重ねるごとにどんどん鈍感になっていくのかもしれない。

だがそんな中、これからもハングリー精神を忘れずにやっていかなければと思う限りである。




そんなことを考えながら帰る帰り道、お腹もとてもハングリーなわけだが、
今日はある事情により夕食がとれないのが辛い。。



なんでかって?


その理由はまた明日。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-10 23:39 | ◆プロフィール◆

接待


24になったくらいからだろうか。

酒が次の日まで尾をひくようになった、つらい。。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-09 08:39 | ◆プロフィール◆

残業代の恋しい季節

最近仕事量が増えてきた。
うちは人数が少ないので

仕事はなるべく効率化して、優先順位をつけて取り組め。費用対効果が悪いものは営業に跳ね返せ。

という方針。
最もな意見かもしれないが、それを声高々に主張する部のまとめ役が全くそれをできてないんだからタチがわるい。
おまけに若手の俺に降ってきた仕事を断る余地などない。

こうした矛盾の中を歩いていくことが今の主な悩みの1つでもある。


そんな中気になるのが残業代。
最近では定時時間内で全て完結するようにスケジュール組むよう心掛けることができるようになってきたが、上記のような状況が深みを増せば
そもそもの絶対時間が足りなくなる。

そんな中で時間外手当がつくかどうかはモチベーション維持に大きく関わる。


が、うちの部はその残業代がなかなか申請できない。

営業に関しては珍しくつけ放題(以前より厳しくなったが現状こうなのは問題?)だったが、金を直接引っ張ってこれないスタッフである俺らはなるべく営業のタイトな要望期限を引き延ばして活動しろと。

イラっとして、そこそこ大きい会社を新規で引っ張ってきたこともあったが、
絶対的な売上はそこそこでも、しょっぱなから費用対効果が良い状況になど持ち込めるわけもなく、
余計なことをするなで一蹴された。


効率は勿論大事。
だけど、全てにそれをあてはめていては仕事など拡がらないのではないか。
業務量が多い中、何かを仕掛ける準備までする余地はない。

なんかかなり愚痴っぽくなってしまったが、
こんな中、21時とか22時までサビ残していることのが増えてくると虚しくなってくる。

仕事内容はやりたかった方面に近いので、それだけが不幸中の幸い。

プロジェクト単位で天井をつけて良いので残業はちゃんと払ってほしい。

就活時代はココが一つの重視点で、そのためにOB訪問沢山して、何度も回りくどい探り方をしてきたってーのに


まぁこれが中小企業の末路なのか。(タラタラ仕事して残業もらいまくってる営業には腹立つがいないものとして考えることにした)

ただ、悪いとこばかりみていてもキリがないので、
中小企業ならではの絶対的に良いところを早く見つけたい。。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-08 08:58 | ◆プロフィール◆