真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:◆プロフィール◆( 41 )

桜が散りきった。
今年は平日にピークがきていたせいか一瞬だった。

珍しく半年弱くらいあまり友人達て会えずにいて結構苦しかったんだが、
地元、元高、ゼミの仲良かった奴らとは3、4月くらいであっている。


親から言われたことの中で
友人は一生モノだから大切にしろ

という命だけは守ってきた。
それもあってか、今でも俺の人生にとって、友人との時間は大切な時間。


ただ、前もいったように最近その優先順位が自分の中で変わってきた。
それは周りも変わらぬこと。
見えない部分が増えてくると昔のような付き合い方とはちょっとずつ変わっていってしまうんだなぁ
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-04-20 09:05 | ◆プロフィール◆

なんとなくだけど

そろそろ他のまちに住みたいなと思った。

地元を出るのも悪くないのかもしれない
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-04-19 00:20 | ◆プロフィール◆

メモ

自分が情けなさすぎて、ヘドが出る。

ちゃんと自分をコントロールできるところを保てるようにしないと
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-03-20 09:21 | ◆プロフィール◆

散文だけど

3月、結構好きな月だ。

理由は学生時代の印象が強い。
3月で学年が上に上がることから人との別れが増える時期。
1月くらいからそれを意識仕出すから普段やらずに見送っていたことや、敢えて伝えていなかったことを伝えることが増えて、人との関係性が凝縮してるように感じるから。

あと街中で普段会わない人と偶然すれ違ったりするのもこの時期の特徴かもしれない。引き寄せる力が強くなる時期なのか?

ただ、ここ数年、
社会人になってこの感覚は薄れてきた。
入社する人はいても辞めてく人が確実にいるわけではないし、学生時代に比べると漫然と1月〜3月が過ぎていくから。
また、今年はこの時期になって急に高校時代の同級生やサークルの先輩とすれ違う機会が増えたが、そこまで仲良くなかったせいか、話しかける勇気もなく…
人脈が拡がるよりも本当に必要なものだけが深くなっていくのが26歳なのかもしれない。


そんな中、今年はちょっと別れが多い。
1月に辞めた仲良かったバイトの方に引き続き、
3月に統括が辞めることになった。
バイトさんの方はジョジョ好きで、スパガやタキ翼の曲を作ってるギタリストで、映画も超観てる気の合う人だった。
中抜けして愚痴りあったり、サシノミしたりしていたから同じ部から話しやすい人がいなくなる寂しさは、次の仕事が決まった嬉しさを一緒に感じることを阻むほどだった。

3月に飲みの予定はあるけどいつまで続くか、という不安もあれば精神的支えが抜ける不安も大きかった。辞めて1ヶ月半くらいだが、それ以前と比べて大分長く感じる。


統括も同じ感じだ、勿論中身は全然違うけど。
ショックは大きいし、社内イントラで流れた今も現実感が薄い。
統括は昨年度までは部長で直属の部下にはなったことがなかったが、
同じ部の人のコンペ案件などではお世話になった。

緩くてやる気なくていい加減な人が多い会社だが
珍しく良いところは伸ばし、悪いところは更正する助言をくれる良い人だった。会社がそんなだから落ちこぼれみたいな人も俺も含めていたりするんだけど、
見捨てずにちゃんと引っ張り上げてくれるというか。
哲学がちゃんとあって人脈も広く、汐留の広告会社ともかなりうまく渡り合っている人だった。

社内の体制がおかしくなっても経営層に迎合せず、わるいことはわるい、良いところは良いと部下のために戦ってくれる人だった。
会社にいなくてはならない人ってどこの会社にもいるだろうけど、間違いなくその一人だったと思う。


なんか悲しくなった。
他の人に比べて歴も浅くて可愛げもない自分は特に飲みに誘ったりなんてできないんだけど…


誰かと飲んでいるらしい統括から皆に送っていたメールに噛み付いて、
がむしゃらに最低限伝えなきゃならないことを伝えているうちに、
形に残さなきゃいけない欲望に刈られて筆をとった。
酔っててもなんだかその想いが嬉しかったから。



久々にめぐりあった密度の高い3月、これを刹那的な感情に留めず、どう継続的な関係・自分の糧にしていくか。していけるか。

それが楽しくて、
私はやっぱり3月が好き、
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-03-09 22:46 | ◆プロフィール◆

26

になった。

昔から26-27くらいが1つの節目みたいに感じていて、なんとなくだけど
そろそろ人生の道筋を1つドカっと構えはじめなきゃいけないと昔から思っていた。

10年前なんかは26ってもっと大人だと思っていたから、この歳でこの考えは遅すぎるところもあるのかもしれないけど。


そんなこんなで今の生活は平穏な幸せな生活に近いんだが、視野拡げて、持続的な幸せを考えることが多い。

学生時代志望していた総合広告代理店への転職とか、6年近く付き合ってる相方との結婚だとか。


一番大切だと思っていた友人達との関係も、不思議と優先順位は下がってきた、これが疎遠の始まりか。
まぁ息抜きの相手であり、新しい価値観や将来を模索し合う仲間としてはこれからも一生大事にしていきたい関係だけれど。


守りに入るつもりはサラサラなく、今よりもっと長期的な自己実現を目指していくことに拍車はかけていきたいけれど、
少し落ち着いてきたことも事実。


これが大人になっていくということでしょうか。


取り敢えず一区切りということで、通勤中に筆をとりました。
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-02-17 08:55 | ◆プロフィール◆

いちごの回

2015になった。

本日から仕事始めである。

近頃では、相方の家に入り浸ることが増えた。
実家よりも過ごしている時間は長い。
半同棲というやつである。
親が仕事の関係で中国に行ってしまい、さすがに一人では寂しかろうと11月くらいから住み着いてるわけだが、
その親には勿論、同じ家の別フロアで生活する義兄にも黙って出入りしている。

かなり常識外れで、ふてぶてしい態度であり、精神衛生上もとても健全とは言えないが、
気心知れていて気を使う必要の少ない相方との居心地の良さや、6年近い関係の長さからくる依存感から、こういった状況が生まれ、そしてこの休みも寄生し続けていたというわけだ。

年末年始で地元の仲間とあったりはしたが、基本は2人でいた。

例年も相方と過ごす時間は長かったが、友人・家族がメインだった生活から少しずつ乖離してきていることに自分の成長・生きているという満足感を感じつつ
寂しさを感じている。


そんな今年の年末年始で考えたこれからについてだが、
少し記憶と整理に着目した生活をしようという意識が出てきた。


最近前より身につけてこれたものはどこか空虚感を含有したものであり、
それよりも以前できていたはずのことができなくなってきていることの方が際だってきているように感じる。

その対策として、今まで辿った情報や思考にインデックスをつけモレタブりなくまとめ、必要な際に出し入れを自然に行えることが
急務と感じている。
感情やら決断もこの整理が1つのポイントとなるのではなかろうか。

取り敢えずこの仮説検証にあたるとか考えながら2015年も出勤する
[PR]
by itsrainingouthere | 2015-01-05 09:20 | ◆プロフィール◆

怖くなると、爪痕を残す

久々過ぎる更新。

未だ使ってるガラケーから爪痕残す。


怖いとは、今この段階で自分が考えていたことがわからなくなり、埋もれてしまうこと。
記憶なんて、その時々に都合の良いように美化されることが大半である。



この3連休でOB会があったが、少し残念な気持ちになった。
卒業して3年、俺らの代が企画し初めてから5回目。
良く合う同期・後輩がいれば、久々に会ってゼミ内結婚を発表する奴や殆ど面識ない2個下が、社2病の典型例と言わんばかりに、偉そうにを先輩風を吹かしていたりする。


確かに最近ゼミの奴らで会うのは同期、1個下2人ずつくらいなもんで、
親が会社都合で海外にいる相方の実家に転がりこんでばかりいるのが現状であったが、
大分時が流れてしまっていることには驚いた。


そんなもんだから、在学生達も大分雰囲気が違う。
就活氷河期に打ち勝つ手段として立ち上げたときとモチベーションが違うのはわかるが
就職質問会のやる気や、ゼミ長の挨拶周り、企画に組み込まれた飲み会1次会がタダの飲み会とかわらんバカ騒ぎが殆どだということ
大分変わってしまった気がした。


いや、それは俺が在学生と関わりが薄れたことで
「最近の若者は〜」
とか言うのと同じかもしれないし、
過去の自分達も同じように上から思われていたから飲み会まで残ってくれるOBが年々減っていったのかもしれない。


そんなこんなでここはOBはうるさくせずに黙っていようと
ハジで盛り上がりきることもできずチビチビ飲んでたわけたが、
ひとつ驚いたのが、似たように感じていたものが同期に2人以上いたのだ。

日曜削って金払ってくるのはまだしも、そもそも後輩のためになってるのか?
誰が得してんだ、と。


教授や昔の仲間に会える同窓会感には感謝するが、
これで
就活やってる安心感とか社会人への接し方がこれで良いという印象を与えてるとしたら
+をはるかに凌ぐ−な企画になってしまう。


過去の自分はどう対処していたかを参考にしたいが、この時期はココに記録を残しておらず、
ツイッターログも残っていないため、
過去の自分と対話することはできない。


そこで今回のことは後輩にも伝えられなかったし、
このままなかったことにして、
来年自分がミイラ取りになっていても嫌なので
朝通勤の読者時間を削ってでも書き留めた。


最近漫然と日常が流れ、
後から振り返っても
何となく残っているものが少ないことが多い。

原因解明はまだだがもっと外と接する機会を増やした方が良いのかもしれない
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-11-25 09:27 | ◆プロフィール◆

盲目

自分の中の基準がブレブレでやばい。

昔からそうだが、何にしても人の基準でやってきた気がする。そのつけがまわってきてるのかもしれない。


本来自分のやりたかったコトとかスタイルをちゃんと点検して、
やっていかないと本来の自分を見失う。

取り敢えず転職ちゃんと考えよう。
やるべきタイミングを見逃すと自分の幸せから程遠いところへ流される
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-08-28 23:04 | ◆プロフィール◆

夢の

通勤時に大勢の高校生に遭遇すると安心する。

自宅の裏に都立高校があり、いつもは遅刻ギリギリの高校生しかいない。
だから大量の高校生を逆行するように駅に向かうことは、時間的余裕持って通勤するということになる。

大体こういった日というものは早く目覚めることができた朝であることが多い。
そして大体朝早く起きれる日というのは前日に布団に入るのが早いことも多い。

そんなこんなで昨日は早く寝たわけだ。
良く眠れて寝起きが良かったせいか、
もしくは眠れた時間が長かったせいか、
今朝はなんとなくみていた夢を覚えていた。

ハッキリとした記憶ではなかったが、なんとなく学生時代の知り合いが出てきたような夢で、様々な年代の知り合いが入り混じって出てきているような感じだった気がする。

確実だったのは大学受験をやり直したいような気分になっていたこと。
何が理由でかは良くわからないが、起きた瞬間はハッキリそう感じた気持ちが残っていた。

起きたのはいつもより少し早い時間、スッと体が起き上がった。
で、顔を洗ったり、歯を磨いたりしているうちに夢で感じた気持ちなどどうでもよくなってしまった。

よく夢はその人の願望だとか言うけど、もしそれが本当だとしたら、高校くらいに戻りたいという気が心の奥底にでもあるのだろうか。
それとも全力で物事に向き合えなかった未練からか。
何も思い悩むことなく、将来の可能性に希望を残しつつも楽しくやっていられたあの頃への思い出補正というやつだろうか。

夢の起因はよくわからないが、その夢が現実世界に馴染んでくるにつれてサーっとフェードアウトしてしまったことの方が怖い。
このブログに書くことでやっと夢の断片を繋ぎとめておくことができているが、その時感じたことは、今もどんどん薄れていく一方。
まぁ薄れていってくれないと仕事にも向き合えないわけだが。。

昔はこうした些細な感情についても、自分がどうすべきかの示唆として思い悩んだり、なんでも打ち明けられる友人に話してみたり、
ちゃんと感じたことは読み込んで、何らかのカタチで吸収していっていたように思う。


ところが、自分の感情に対する固執や疑いが以前と比べて非常に適当になってきている。

今の自分とは直接関係ないからどうでもよいかと、
そもそも今の自分の感情・考えと結びつきそうにないからどーでもよいかと、
歳を重ねたせいか、自分に対して不感症になっているような気がした。

そういえば以前はよく中学や高校の友人に助けを求めるべく、漠然とした自分の想いを語り、相手の意見を聞いて参考にするようなことも多かったが、今はそれもほとんどない。
境遇の近いものが減り、曖昧さの強い感情を共感してもらいづらくなったからか、そのこと自体が億劫になったのか、そもそもそういった友人がいなくなってしまったのか、
俺にはよくわからない。
こうした機会の損失も不感症の理由の1つだろう。


本当に自分の思うように生きていくには、自分と向き合い、本質を見つめて生きていく必要があると思うが、そのためには自分のメンテナンスが必要だと思う。

ただ、そもそもそのメンテナンスのやり方を模索することすら一苦労である。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-28 09:03 | ◆プロフィール◆
今日も眠かった。
やっぱ思考をクリアーに、頭フル回転で働くには6時間は睡眠が必要みたい。


そんなこともあって今日は一段と疲れた。



遅くまで動いて、帰れば22時を回ったくらい。
そんな時なんとなく思うのは
結局人はどこまで行っても孤独なんじゃないか
ってこと。

どんなに頑張っても、嬉しいことも、悲しいことも、腹ただしいことも、辛いことも、
言葉で伝える機会なんてそもそも少ないし、伝える機会に恵まれてもどこまで理解できるのか。
結論としては殆ど理解なんかできてないのに
理解した気になってるようなもんなんじゃないかって気がしてくる。


大体よく考えてみたら
自分だって自分の気持ちを整理できてない。

そんな中で自分の感じている想いなんてどれだけ他者に伝わるのだろうか。


そんな循環の末、孤独を感じると
拠り所になるものは自分の中にしかないのかもしれないという考えに行き着く。
そして自分は何のために動いてるのか問いはじめ、
最後には目的を見失う。


だから人は余計なコトが視界に入ってこないように、真っ直ぐ突き進むことができるゴールを設定する。
それを見逃すと、先程の循環から抜け出せなくなる。

人生って四面楚歌。
あんまり真剣に向き合っちゃいけないのかもしれない。
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-21 21:53 | ◆プロフィール◆