真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

先輩

上に可愛がられるのが上手い人と下を可愛がるのが上手い人、2種類いると言われてますが、
僕は絶対後者です。


いや、ホントは下からもどう思われてるかわからないので、
上でないことは確実とまでしか言えないかもしれません。

今まであまり先輩といのがいなかったのが多分原因。

中学時代はバスケ部だったけど、上とはそこまで絡みなく、
高校は帰宅部、
大学はサークルは途中で辞めたに等しかったし、社会教育のゼミの先輩はゆるゆる、行政法ゼミの先輩は皆幽霊化してたから、
ちゃんとした上ってのは
社会人が初めて。


そんな中でやっぱりうまくやってけないんですねー。
どうもうまい切替しや空気感が醸し出せない。
それでも付き合いが長引けばうまく可愛がってくれる人も出てくるんだけど、
エラソーに口だけだしておいて自分は何もできてない人はホント苦手。

下ならまだ未熟とか、上が人生経験も賃金も上だから、って理由で色々目をつむれるけど、
それができない上には相当自分を誤魔化して接している。
まさに今の上長がそんなだから苦労してるわけだけども。
勿論そこそこの実績を残すことができても、こういった状況だもんで下期の評価は悪かった。

ただ、腐らずに堪えていると味方も現れてくるということにも気づいた。

仕事をやっていく上で、外部でなく内部の対応に気を遣うだなんて、ホント愚の骨頂だけど、
そんな中でも腐らずにやりやすい環境を自らつくりあげていく気概がないと、
自らが食っていけなくなるんだろうな。

なんか良くも悪くもサバイバルみたいな環境に身をおいてしまってるようです…
[PR]
by itsrainingouthere | 2014-04-16 00:25 | ◆プロフィール◆