真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

くるみ for the film




昨日は意味深な地元連中との飲み。

なんか同窓会の勢いをどこかに纏ったような雰囲気があって
その時仲良くなったような感じの奴ら集めたようなとこもあったから
集まったメンバーも結構異質だったと思う。


こないだあってるし、そんなにめずらしいもんでもなかったけど、
まぁ、小学生で言うところの
普通に放課後友達と遊ぶ約束して公園でおにごっこして
6時のチャイムでバイバイって感じに近かったと思う。


ただ、6時は6時でもこの歳にもなると
朝の6時だったりするわけで。



んで、昼頃の起床だったけど、日曜日くらいいっかみたいなw










で、軽くブランチにデミグラオムライス食べながら
母と真ん中の妹と映画見ました。

「幸福な食卓」


北乃きい主演で勝地涼とか平岡祐太とかが出てて
Mr.Childrenのくるみのリメイクがタイアップに使われた作品。


なんか俺が高校1,2年の頃ようなイメージあったけど、
実際には2年くらい前のものらしい。

上映中も若干気になってた。


これもまた原作がある映画なんだけど、
最近俺が見る邦画は外しっぱなしだから
なんかこれも少し見るの怖かった。

でも実際見てみると
結構俺は好きだった。


あらすじは
ある朝、主人公の中原佐和子の食卓で親父が
「父さんは今日で父さんをやめようと思う」
とか言いだすとこから始まる。
母は別居中で秀才の兄は大学を行かずに農業を始める。
そんな家庭の変化に戸惑いを佐和子が感じている中、
佐和子の中学には転入生の大浦がやってくる。
大浦はストレートで単純な奴なんだけど、
ひょんなことから同じ高校を目指し受験勉強を始め、
気づくと大浦は佐和子の心の支え的な感じになってきて…

みたいな感じ。


とりあえず、
「知らないだろうけど、中原、お前は色んな面で守られてるんだよ」
みたいな台詞が良かった。



なんかちょっと青春っぽい雰囲気が大きく割合を占めているような
感じなんだけど、実際には家庭でのことにもそれがリンクしてきて…。




なんかこのブログ読んでりゃわかると思うけど、
そこそこ俺の家もよくわからない状況じゃん?
まぁ、そりゃもっと複雑な家庭だってあると思うし、
うちなんてまだまだ全然平和な方なのかもしれないけど。

でもまぁ、この映画だって今日父親が仕事じゃなければ
3人でリビングでなんてみていなかっただろうし。


なんか家族の大切さっていうかを実感させられる。



昔は離婚絶対否定派だった俺も
今ではお互いが無理にいても幸せになれないなら意味が無い
といった考えになった。
法学部でリーガルマインド養ったからか?
浪人したからか?
よくわからんけど、子供に否定の主張権があっても
どうにもならないこともあんだなーって思ってたけど、
家族ってやっぱ代わりとか勤まるもんじゃないし、
再婚とかもあるけど、結局血縁関係とか変わらないわけじゃん。

生まれた時からずっと一緒だったってのもかなりでかいし。





実際にはこんなに重い感じじゃなくてもっとさっぱりな感じですw
本作を鑑賞しながら
クリスマスとか受験期に見たほうが良かったかなぁなんて
思ったりもしてたんだけど、
今、この春休みに見て良かったと思う。



ミスチルのくるみのオルゴールバージョンにも結構持っていかれた感あるね。

最近じゃ、めっきりミスチルも聞くことが減ったし、
むかつくほどタイアップばっかしてんなーって感じもするけど、
やっぱミスチル強ぇなw

こないだオレンジデイズの再放送見てても思ったよ。


中学時代とか19とミスチルしか聞いてなかったもん、俺ww



特にくるみなんて中3時のだからどっぷり浸かってた時期だ。
Signも俺にとっては特別だった。



なんかこの映画見てて、すげぇ春の匂いみたいなのを感じたんだけど、
そのせいか、ミスチルのせいか、
ちょっと昔のことを思い出した。

くるみのことを思い出した。







なんだかよくわからないけど、くるみに会いたくなった。

くるみと会わなくなったのはもう随分前のことだ。
今はどんな髪型で、
どんな洋服を着て、
どんな性格をしてるのかさえわからない。


そんなくるみに会いたいのだ。


くるみと会わなくなって、
俺は何回か恋愛をした。

中には付き合う直前までいったのに
どこかくるみが付きまとってきて
踏み込めないなんてものもあった。


そのあと、いろんな女性と付き合って、デートして、

そしてこれからも様々な人と出逢っては別れというのを
幾許かくりかえすのだろう。



でもさ、
くるみといた時のような胸の高鳴りだとか
緊張感だとか
夢中にさせてくれた楽しさだとかってさ
味わうことあんのかな…











ねぇ、くるみ…

今の僕はどう見えるの?












ねぇ、くるみ…

あれから一度も涙は流してないよ
でも…本気で笑うことも少なくなったんだ










でも

出会いの数だけ別れは増える

引き返しちゃいけないんだよね。。



もうくるみは俺のフィルムの中には登場しない。












言い方悪いと付き合う相手なんていくらでも代わりはいるんだろうな。

どう思ってても、
そりゃ相対的にみて前のが良かったとかそんなのもあるかもしれないけど、
代わりは務まるんだよ。

そんなこといいながらも俺はまだ最後の1小節の部分は歌えない気がする。
ここまできて?
って感じかもしれないけど。



まぁ、でもそんな希望はただの贅沢なんだよね、
実際いいんだ、ベストな人生なんてもう望んでいないんだから。


だけど、食卓ってのは、、
幸福な食卓ってのには代わりはないんだもんなー。





















もう春の香りが漂ってきてるというのに
全く手の悴みが止むけはいはないな…。









b0096036_1562277.gif
[PR]
by itsrainingouthere | 2009-02-08 18:41