真実の空色を求めて…


by itsrainingouthere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Knocki'n on heaven's door


今日バイトの面接に行って来ました。

西荻の某公認会計士事務所。
言うなれば中小企業ですわ。

インターンシップごっこ。



どうやら確定申告の時期なので忙しくて助っ人を
短期で求めていた模様。


ホントは地元の税務署(自転車で5分)も募集してて
ほぼ内容が同じだった。

だが、時給の高さと時間の融通を考え、
前者に。
なんか3月17日までの仕事ってのも
春休みが3月末期にもう一度くるような感じでいいな
と思ったのも理由の1つ。









そんなこんなで面接に行ってきたわけですけどもね、、
































即効落ちた…ww























なんか拾い民家みたいな事務所だったんだけど、
扉開けたらジジイとババァしかいねーのw

で、なんか別室に案内されて
ジジイ3人が俺を軟禁w



なんかここ来る前に『stick』と吉祥寺のスタジオに
めっさ久々に一緒に入ってたんだけども、
それが為にこの時、ベースもってたんだよね。

なんかジジイのうちの1人がベースに興味津々w
やらねーよ!ww
(そもそも俺のじゃない



で、別の1人は凄い軽蔑のまなざし。
察するに
「お前は遊びにきたのか?」
とでも言いたい感じ。


ハイハイスイマセンデシター。



で、履歴書出して面接スタート



って感じだったんだけど、
履歴書ファイルにしっかりファイルに入れて持参したんだけど、
なんかの表紙に少しシミがついちゃったみたいで
あと、シワも少し出来ちゃってたんだ。

そしたらさっきの軽蔑ジジイが
履歴書のその点を指摘しまくる!


他の2人は
「ちょっと性格が大らかなんだよな」
みたいな感じだったんだけど、、



結局その軽蔑ジジイが一番偉そうだったんだけど、
それが理由でなんかもう落ちたみたいな空気になった。



それでも、結構都合いいバイトだから粘ってんたんたけど、
スケジュールあわせたときに3月頭に高校の奴らと旅行行くから
休むってなったときに、
確定申告でもっとも忙しいのが2月末~3月頭らしくて
それも決定打で落とされる。


まぁ、旅行で平日3日もつぶれれば当然か。
あー何気に2泊5日ってうぜぇ、交通時間長っ!
なんだかこの時は普通に1泊3日でいいよとか思ったw
実際疲れそうだな。。

ナニモここに旅行入れんでも良かったなぁ…。


旅行メンバーのバイト日程に合わせて決めたんだけど、
俺その時バイトはあんまり見定めてなかったからなー。

とりあえず、旅行行く金が確保できそうもないという
本末転倒事故、、




で、その後、せっかく来たからとかゆう理由で
ジジイの説教スタートw

なんか
就活の時もこんなん出すのか
とか色々言ってたけど、
ニコニコしながら聞き流したw





とりあえず、バイト探しなおしー。






ホントは地元のカフェとか探してたんだけど、
なかなか募集ないし、
唯一良さそうだったのが3時間半しかできないとこだったから、
春くらいはガッツり稼ぎたいなー、どーせろくなことしないしー
とか考えてた俺の思想に反してたんだよね。


そんな考えからデスクワーク短期に興味もって西荻にいってきたわけだけども、、

それがオジャンになって自給840円ながらも、
時間の長さと超近場+公務員インターン
ってことで税務署も視野に入れてみたんだけど、
さすがに3月頭に平日3日も休んじゃダメだよな?w

うぉ、まさかの旅行ネックw時期ミスww


どーせ春休みなんて周2くらい休みあれば
あとはだいたい遊んでも夜だから9-17時的な
サラリーマンごっこにあこがれてたんだけどなぁ…。




そんな天国のドアをたたくような金欠続行宣告を受け、
イライラした俺は帰ってきて
救命病棟の再放送でも見ながら休んで
いつもバイト探しに出てた阿佐ヶ谷とは真逆の浜田山へ
バイトを探しに。
ホントはこっち人少なくて時給下がるし、
魅力的な店少なそうだからあんまり行きたくないんだけど。。


で、1時間くらいふらふらしてたんだけど、
ダメだ、、



ってなって家帰ってきて映画みることにしましたw



今日の映画は「ハチミツとクローバー」
性懲りも無くまた原作ありw

駄作であろうと知りながら鑑賞。


見始めに滑り出しは
おぉ、キャストまぁまぁじゃん!
ってイメージ。
酷すぎたドラマと比べちゃったからかな?
ドラマなんて5分くらいしかみたことないw
(受験真っ只中だったというのもあるけど


まぁ、原作も全巻読んでて
尻窄み感は否めないながらも、
比較的嫌いじゃない感じだったわけですよ。


そんなわけで原作よりはどーせ微妙なんだろ?

とハードルめっちゃ下げてたんですが…










案の定ひでぇ…w









なんか要所要所いみわからない。
なんか無理やり原作っぽく仕上げようとしてる感MAX!!
これ、原作知らない奴がみたら
ただの散らかった大学生活だろw
ただでさえアウトライン薄いストーリーなのにw


まぁ、ある意味リアリティはありましたけどねww




なんか設定だけ借りて、
あとは完全オリジナルで尺にあった作りかたにすれば
そこそこ面白くなったかもわからないが。







そんなこんなでスッキリしない感が拭えずに
深夜の映画枠に突入w


なんかCXで「Knocki'n on heaven's door」
っていう97年の洋画やってたんですよ。

なんか今度TOKIOの長瀬智也と白夜行の女の子
でヘブンズドアって邦画が上映されるらしくて
その原作にあたる作品らしい。
超外しそうだなー、これw
とか思ってて全然興味なかったんだけど、
ちょろっと見たら全然雰囲気違うみたいだし、
ドイツ映画は見たことがなかったので
見てみることにしたんです。


そしたら意外におもしろい!


久々の当たりキター!!!!!!!!



簡単に話し説明すると
余命数日って言われた男が入院先の病室で余命僅かな男と会って
たまたま見つけたテキーラ飲みながら
「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ」
みたいな話するんだけど、
海見たこと無いって前者が言うもんだから
病院脱走→海を見に行くことに。
で、文無しだから車パクって海向かうんだけど、
その車がギャングの車で拳銃と大金が入ってて…


みたいな。




よく、笑いあり、涙あり
なんて使って宣伝する作品あるけど、
これなんてまさにそんな感じだと思う。

コネタも聞いてて面白い部分も多いんだけど、
常に生死ってのも関わってきて、
でもそんなに重過ぎないっていうか。

言うなれば
ドイツ製の木更津キャッツアイ!




雰囲気はこないだ見た「バッファロー66'」に近いものがある。
決して完成度が高いってわけじゃないんだけど、
深くて色々考えられる、みたいな。
なんか雰囲気がカッコいいというか。

「Knocki'n on heaven's door」も話が最後にちゃんと締まってく感じで
好きだね。

まぁ、この手の作品は好き嫌いがハッキリ別れる感じなのかなぁ
って気もするけど。



できればこの春休みはこうゆう作品にたくさん出会いたいね!

やっぱ生死に関わる感じのがいいのかな?




でも、もし映画たくさん見るんだったら
今日のバイト外しても良かったのかもしれない。

結局学生時代バイトしてる時間が一番無駄だと後々感じる
なんて言う人もなかなかいるけど、
これは長期の休みも例外じゃないのかな?
って感じ。
ダレないでちゃんとやりたいこと見つけれてばって感じだけど。

そう考えたら短期高時給の夜空きバイトじゃなくて
妥協して後々続きそうなバイト選ぶのもわるくないかなーって。

一日バイトの時間が短ければ
映画も見れれば、勉強とか他のこともできるしね!



まぁ、そんなこんなで色々偉そうなこといってみたけど
結局金がないと始まらないことってなかなか多いんだけどねw




b0096036_1562277.gif
[PR]
by itsrainingouthere | 2009-02-07 06:51